So-net無料ブログ作成
カメラ ブログトップ

この春はカメラを売ってでもアンドレアス・グルスキー展に行け [カメラ]

DSC00701.png
 
少し前のレンズの記事で関西に旅行に行ったと書きました。
僕が生まれて初めて大阪に行ったその目的は、アンドレアス・グルスキー展を見ることです。 

きっかけはとあるブログ

【美術館】今週末は嫁を質に入れてでもアンドレアス・グルスキー展に行け 

 

このブログを見て、アンドレアス・グルスキー展に行きたくなったのです。
しかし、気づいた時には既に東京での開催が終わっていました。(関東住みです)
そこで半年間待ち、国内二会場目の開催地である大阪まで行き、見てきました。

少しでもカメラ・写真が好きな人は上のブログを読めばアンドレアス・グルスキー展の凄さが伝わると思います。 
また、アンドレアス・グルスキーという名前を知らなくても、この写真を見たとこあるという人はいるのではないでしょうか?
 
2480_44-Gursky-660x369.jpg
「Rehin Ⅱ」
 
1年ほど前にそこそこ話題になった、彼の作品です。
見覚えないでしょうか?
 
 
 

 
 
 
 
 
 
そのニュースがコチラ

史上最高額の写真家、アンドレアス・グルスキーの世界

「3億円を超える写真」:その理由 

彼の作品である上の画像「Rehin Ⅱ」が写真としては史上最高額の430万ドル(約4億円)で落札されたというニュースです。
 
そんな人の写真展が初めて日本で開催されているのです。
これはもう行くっきゃないでしょ!

大阪にある国立国際美術館で5/11まで見ることができます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  公式サイト  
  
無題.png 

ANDREAS GURSKY | アンドレアスグルスキー展 | 

 
名称:ANDREAS GURSKY | アンドレアス・グルスキー展
会期:2014年2月1日〈土〉→5月11日〈日〉
会場:国立国際美術館 地下3階展示室
開館時間;10:00-17:00
  ※金曜日は19:00まで
  ※入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜日。ただし、4月28日(月)、5月5日(月・祝)は開館。
主催:国立国際美術館、読売新聞社、読売テレビ
後援:大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館、 大阪ドイツ文化センター
特別協力:ぴあ
協力:全日本空輸、Sprüth Magers Berlin London、ダイキン工業現代美術振興財団

 

 
 
僕が行った日は結構な雨でした。 
DSC_0230.png
 
いろいろな建物が映っていますが、美術館は全て地下にあります。
写真右側にあるラインアートのオブジェが地上のエントランス。左に写っている丸っこい建物は科学館です。 
 
 
館内には約50点の作品が展示されており、帰りの飛行機の時間ギリギリまで見てました。
内容が濃すぎてとても時間が足りません、もう一度くらい行きたかった... 
 
数メートルもある大きな写真から選挙ポスタくらいの大きさの写真まで、彼のさまざまなシリーズの写真が一堂に展示されています。
ヤバイです。 
 
 
 
 

 
 
 
 
  感想というかなんというか  
 
 
 初心者とはいえ、僕も写真が趣味なので、作品を前にして
「何処からどのように撮影して、どんな処理をすればこのような画」ができるのかを考えるのですが、とても簡単にできるとは思えない画像ばかりで圧倒されるのです。
複数の画像を張り合わせて作ったことは想像できても、画像のつなぎ目、複数視点の合成によって生じる歪み、イメージセンサのノイズ、色や光のムラ、影、空気が高度に融合し一枚の映像を構築しているのです。
また、ある作品では張り合わされた複数の画像が一枚の写真のように綺麗に歪んでいたりと、全ての作品が新鮮でいて、かつ緻密に作りまれた写真となっています。

彼の作品の凄さは少しでもカメラをいじったりすると良く分かります。
一見すると”ただの写真”なのですが、”ただの写真”ではないのです。

僕も昔は
「プロと同じ機材を使って、同じシチュエーションでシャッターを押せば誰だって素晴らしい写真が撮れる」
と思っていました。
しかし、それは全ての写真で通じる訳ではありません。

例えば旅行雑誌に載っているほど空は青くないし、例えば化粧の広告に載っているほど肌が平坦で全く汚れのない人間はいないし、例えば住居の雑誌に載っているほどレンズを通した像は柱や床を真っ直ぐに結像してくれないのです。
写真は現実を切り取ると言いますが、私たちが普段目にする写真の大半は現実とは異なったものになっていることを認識する必要があります。
 
そもそも現実を完全に切り取ることは不可能なのです。 
 
 
それは写真を現像(デジタル写真でも現像という行程は存在します。デジカメでは機械が勝手にやってくれるので普通は意識する必要がありませんが、機種により手動で行うこともできます。)する際には多くの制約があり、その制約の中でだましだまし現像して得られた「現実のイメージに比べて遥かに貧弱なデジタルデータ」を脳内イメージを基に再現して作られるのが写真だからです。
 
そして、彼はこの作業を非常に上手くこなしているのです。

普通のデジカメでは、ちっぽけな映像エンジンがその場でささっと計算し、行う現像行程を一つ一つ手動で行い、0と1で構成された数字の羅列を芸術作品に変えていくのです。1つの写真(作品)に数か月かかるというのも納得です。
 
今回の記事は僕が感化されたブログになぞらえてタイトルを付けましたが、写真、写真表現、デジタルイメージ、画像加工、レンズ、光学などが好き人が、カメラとレンズに関する最低限の知識と、このアーティストがやっていることを理解して行くとより深く感動できると思います。
 
もし5年くらい前の僕だったら、単なる写真全体の美しさしか分からなかったでしょう。(もちろん写真自体も大変に美しいのでそれだけでも満足できます。)
そして、10年後の僕だったら作品を前によりたくさんの感動があるのではないかと思います。
 
 
 
 
 
 
 
  最後に   
 
 
思うがままに書き連ねたので自分でも何を書いてるのが分からなくなってきましたが、まとめると
今、行きましょう」ということです。
芸術に早すぎることも遅すぎることもありません。 常に今が一番のチャンスなのです。


万人受けする展覧会ではないかもしれませんが、写真が好きな方は大阪まで足を伸ばす価値のある展覧会です。絶対。 ちょうどGWの終わりまでやっていることですし。予定がない方もある方もこの機会に見に行ってみてはいかがでしょうか。
5月11日までのこの機会を逃すと国内でグルスキーの写真が見られるのは何年、いや何十年先になるか分かりませんですよ!?
 
 
だから、
この春はカメラを売ってでもアンドレアス・グルスキー展に行け
 
 
 
 

nice!(1)  コメント(0) 

SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO を買いました。 [カメラ]

SCN_0003.2.jpg 
SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACROというレンズを買いました。
 
購入先は新宿のビックロ。
先日初めて行ったのですが、カメラコーナーが思いの他広く、フィルターなどアクセサリも豊富だったのでこちらで買うことにしました。
 
価格は¥40,800+ポイント10%
価格.comでの最安値が¥35,000程でだいたい同じなので、特に値切らず定価?で購入しました。
 
 
 
 
 
開封 
 DSC_9755_143.JPG
このレンズはSIGMAの最近の世代のレンズです。
以前のものに比べてシンプルでスタイリッシュなパッケージになりましたね。
 
参考までに、2004年に発売されたレンズの箱↓
DSC_0394.jpg
"EX"とはexcellentの頭文字で、SIGMAの特に光学的に優れたレンズに付けられていた符号です。
Canonでいう"L"みたいな感じでしょうか 
最近は戦略が変わり、良いもののみ(従来で言うEXレンズ)しか作らないという方針になったため、現在のレンズからは"EX"の符号が外されています。
 
 
 
話が逸れました、 
 
また、このレンズはNikonのD5300で使用すると手ブレ補正が上手く働かない問題がありましたが、僕が購入したレンズは改善された最新ファームウェア導入済の"D5300 compatible"シールが貼ってありました。
 
2014-03-20-02.02.30.jpg
 
現在市場に出回っているものは大半が対応済製品だと思いますが、D5300で使うという方は注意して下さい。
対応前のレンズでもサービスセンターに持っていくとファームウェアのアップデートをしてもらえるようですが。
また、D7100でも画面が消えない不具合が出る場合があるとか。
僕の買った個体はD7000で問題なく使えました。 
 
それからこのレンズはNikonマウント、Canonマウント、SIGMAマウント、SONYマウント、PENTAXマウントの5種類があります。
箱は一緒で区別は小さなシールなので気を付けましょう(ビックロの店員さんが隣にあったCanonマウントのを棚から取り出してきました。すぐに店員さんが気が付きましたが笑) 
 
この辺は純正メーカーのレンズでないので仕方ないですね。
 
 
 
 
開封の続き。 
 
箱は上から開くタイプ 
DSC_9758_145.JPG
フタを開けると取説などの紙類があり、その下に紙製のレンズがあります。
固定具は発泡やプラスチックでなく紙製。  
 
DSC_9759_146.JPG 
レンズとフードは別々の袋に入っています。
 
ケースやポーチは付属していないようです。
付けっぱなしレンズにする予定ですが、少し残念。
 
 
 
外観 
 
でーん 
DSC_9779_151.JPG 
新しい世代なので筐体表面はマットでさらさらとした黒い樹脂になっています。
手前の部分は金属っぽい質感となっていて光の反射具合が高級感を醸し出しています。
 
DSC_9784_154.JPG
SIGMAのレンズはContemporary、Art、Sportsの3路線に分けられています。
このレンズはContemporary路線のレンズなので"C"のマークがレンズに刻印されています。
 
スイッチとか 
DSC_9790_155.JPG
フォーカスはAF/MF、FMF(フルタイムマニュアルフォーカス )はありません。
OSとは手ブレ防止(Optical Stabilizer)のことで、NikonでいうVR(Vibration Reduction)のこと
CanonではIS(Image Stabilizer) でしたっけ?
ややこしいけど商標とかで変えざるを得ないんですかね...
 
また、ズームレンズの回転方向はNikonと逆方向なので注意が必要。
まぁ、僕Nikonのズームレンズ持ってないんですけどね... 
 
それから見逃せないのがスイッチの隣(上)にある
小さく「MADE IN JAPAN」の文字が

レンズの前玉の外周にも彫り込んであります。 
DSC_9796_156.JPG 

 
殆どのレンズ・カメラメーカが工場を海外に移している中、SIGMAは頑なに国内生産にこだわり続けています。
でも、いつも使っているカメラ(Nikon D7000)は台湾製で、Nikonのレンズも基本的に中国製なので、僕自身「MADE IN JAPAN」に特にこだわりはないのです。
 
ただ、国内生産にも関わらず純正(Nikon)よりもリーズナブルで、十分に映りが良いレンズを多く作っているSIGMAは純粋に素晴らしいと思います。
 
 
 
フードをつけるとこんな感じ 
DSC_9801_157.JPG 
広角側が17mmと広いのでフードは浅目。 
でも、フィルター径が72mmもあるのでなかなかの迫力。

 
今回買ったSIGMA 17-70mm F2.8-4(右)と
今まで常用レンズとして使っていたTAMRON 18-270mm F3.5-6.3(右)を比較してみました。 
DSC_9782_153.JPG 
重さはSIGMA:465g(左)、TAMRON:450g(右) 
 
TAMRONのレンズが常用レンズとしては大きかったので少しコンパクトになり、持ち運びやすくなりました。
(ちょっと重くなったケド) 

こうして並べてみるとデザインが全然違いますね。 TAMRON(右)の方は3年以上使っているので若干テカってます。
 
 
 
D7000にくっつけてみるとこんな感じ 
R0039860.JPG
なかなかバランス良い感じ
 
R0039866.JPG
レンズを一番短くした状態
 
R0039865.JPG 
レンズを一番長くした状態
ズーム倍率が約4倍なのでそんなに長くはなりません。
 
R0039871.JPG
キャップがゴツい。
 
SIGMAのキャップ(左)はNikonのキャップ(右)と比べると分かりますが、角の面取りがされてません。
DSC_9782_153.JPG
レンズのデザインとしてはスタイリッシュで良いのですが、物に当たると若干外れやすい...
新しい世代になってキャップも大きく変わりましたが、やはり好みでなかったので、使い慣れたNikonのキャップを急きょ購入しました。 
 
旅先のビックカメラにて購入 
DSC_0021.jpg
慣れの影響が大きいと思いますが、TAMRON、SIGMA、Nikonの中ではNikonのレンズキャップが圧倒的に使いやすいと思います。
裏側の見た目は普通なのですが、装着のし易さが全然違います。
また持ちやすく、斜めに装着してしまうことが全くありません。
 
なので手持ちのレンズは全てNikonのレンズキャップに替えて使っています。
 
 
またストラップにhufaというキャップホルダを付けているのですが、Nikonのキャップとの相性が抜群で、撮影時のキャップ関係のストレスが激減しました。
ストラップに着けるクリップのようなもので、キャップのサイズに関わらず簡単にキャップの着脱はできます。
 
hufa ↓
2014-03-20-01.39.38.jpg
hufaはとてもオススメ。
amazonで2年くらい前に購入しましたが、最近だと家電量販店やキタムラなんかでも取り扱っているようですね。 
キャップ紛失に大変効果的で900円くらいなので、検討してみてはいかがですか?
 
フィルタ径77mmの大きなキャップもはさめます。 
2014-03-20-01.40.28.jpg
はさむ力が強いので、キャップに擦りキズはつきますが。 
 
 
 
 
 
まとめ
また話が逸れてしまいました...

レンズの性能に関してはとても満足しています。
 
良い点
・広角が少し広い(17mm)
     今まで使っていたのが18-280mmだったので、比較して。
・明るい(開放F2.8)
     今まで使っていたのが開放F3.5なので、比較して。 
・寄れる
     最大倍率1:2.8で、最短焦点距離が22cmなので結構寄れます。
・質感が高い
     モノクロなデザイン、ラバーと樹脂のマットな表面。
・静か
     AFの音もそうですが、手ブレ補正の音がとても静か。ほとんどど聞こえません。
     (TAMRONのレンズはサーという音がしていたので) 
 
悪い点
・ズームリングの回転方向
     2週間くらいつけっぱなしにしてたらだいぶ慣れました。 
・フィルタ径が大きい(72mm)
     フィルタ代が高くつきます。
 
 
 
また、このレンズを買う前に同じような製品としてSIGMAから17-50mm F2.8というレンズがあり、結構迷いました。
17-50.png
 
ズームしてもF値が変わらないのはなかなか魅力で、しかも少し古いので値段も手ごろ(約3万円)なのです。
 
  
でも、新しい世代のSIGMAのレンズの外装の格好良さと、なんちゃってマクロ、70mmまで寄れるという使い易さに魅かれてこちらを選びました。
レンズの性能でなく、レンズの見た目で選ぶ人はあんまりいないかもしれませんね笑 

 
 
肝心の画質に関してですが、素人なのでよく分かりません。 
 
像の歪み、周辺光量落ちはズーム全域においてバランスのとれた設計になっていると思います。
開放がF2.8と明るいので、一応1段か2段ほど絞って使っています。
 
 
作品例というほどでもないですが、このレンズを付けて先日関西旅行に行ってきたので、写真をflickrにアップしました。
 
flickr.png
 
真ん中あたりにある大阪で通天閣を撮った写真と、一番最後に飛行機の中から撮影した写真以外は全てこのレンズで撮影しているので宜しければご覧ください。
(因みに通天閣はNikonの35mm F1.8、機内からのはSIGMA 10-20mm F4-5.6で撮影しています。 )
 
 
以上でレンズのレビューは終わり。 

そのうちこのレンズ用に買ったフィルターの記事を書くかも書かないかも。
増税前にミラーレス一眼か魚眼レンズ買いたいなー 

nice!(1)  コメント(0) 

GX200をセンサークリーニングに出した話 [カメラ]

DSC_9820_142.jpg
 
昨年の夏に種子島に持っていったきり使っていないRICOHのGX200、少し前からセンサー上のゴミが目立つようになりました。

試しに絞りを目いっぱい絞って青空を撮るとこんな感じ
R0039237.1.JPG
F 15.8
右下あたりに大きなゴミが写りこんでいます。

種子島で撮影したH-ⅡBロケット4号機の打ち上げ写真(夜間打ち上げの長時間露光)
R0039229.JPG
F 9.6
同じ場所にモヤっとした汚れが見えます。
 
 
 
よほど絞り込まない限り気にならないのですが、この春で購入からちょうど5年になるということもあり、クリーニングに出すことにしました。

修理はピックアップサービス、郵送、持ち込みの方法があり、今回は急ぎだったのでサポートセンタに直接持っていきました。東京サービスセンタと大阪サービスセンタでは即日修理が受けられます。

事前に調べたところセンサークリーニングには23,100円かかる模様。
12.jpg 

ちょっと高いですが、あくまで概算金額なので見積もりだけでもと思い持っていきました。
 
 
 
 
 
僕が行ったのは赤羽の近くにある東京サービスセンタ。

平日ということもあり、他のお客さんは誰もいませんでした。
受付で症状を報告すると「修理は1万円くらいで、時間は2時間程度」との事。
 
1万円ならと思い修理をお願いすると約1時間後に修理終了の連絡を受けました。
 

修理内容は「光学ユニットCCD付」の部品交換。
最近一眼レフばかり使っていたで、センサクリーニングといえばレンズを外してミラーを上げてフキフキするだけのイメージでしたが、コンパクトデジカメだと分解してセンサを露出できない構造になってるんですかね?
CCDごと光学ユニットの交換となりました。

修理費は¥10,800。光学ユニットまるまる取り替えてこの値段は安い?

内訳は
修理工料 ¥7,250
部品代 ¥11,700
値引 ¥-9,350
小計 ¥9,600
消費税 ¥480
-------------------
合計 ¥11,800

値引ってなんだ?
保証期間はとっくに過ぎているはずなのに謎の値引きがあって約半額となり1万円チョットで修理できました。
やったね!

また、東京サービスセンタ内にはRICOH、PENTAXのカメラやレンズがショーケースに入っており、懐かしいカメラもいくつかありました。

念のため帰宅後に夕方の空を撮影しても
R0039873.JPG 
影らしきものは何も映りませんでした。
 
GX200はとても気に入っているカメラであり、発売が2008年の夏なので今夏で6年になります。
ちょっと調べたところ、デジカメの保守部品を保管しておく期間は5~7年らしいです。
この数字はメーカーによってまちまちのようですが、GX200はそろそろアブナイ時期ですね。
部品のあるうちに交換できて良かった。
 
これからも大切に使っていきたいと思います!
(ほとんど出番はないだろうけど...) 
 
 
 
 
 
 
サポートセンターを出た向かいの居酒屋さんの前に可愛い狸がいたので試撮影も兼ねて一枚。
R0039244.JPG 
リサイズのみで撮って出し。
GX200らしいキリッとした画作りとマゼンタが鮮やかに写っています。 


追伸:H-2Bロケットの号機番号を訂正しました。


nice!(2)  コメント(0) 
カメラ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。